September 21, 2018 / 6:32 AM / 3 months ago

再送-株式こうみる:日米FFRでの株価調整リスクは限定的=三井住友AM 市川氏

(検索コードを修正しました)

[東京 21日 ロイター] -

<三井住友アセットマネジメント シニアストラテジスト 市川雅浩氏>

日経平均の年初来高値が視野に入りつつある。日米通商協議が24日に開催されるが、米国側が為替の問題などを取り上げ日本に迫るようなシナリオは想定しにくい。現実的な対応として、日本側による液化天然ガスの購入などで折り合いをつけていくのだろう。過度な円高や大幅な株安は回避されるとみている。

米株は堅調でドル/円も安定している。米中問題に対する懸念はいったんは和らいでいるが、今後の米中の動き次第では、楽観的なムードが修正される可能性はある。これまでの日本株は株高のスピードが速く、自律的な調整が入ることも考えられるが、そうなったとしても2万3000円台での値固めという形にはなるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below