November 2, 2018 / 3:06 PM / 15 days ago

UPDATE 1-米製造業受注、9月0.7%増で予想上回る 設備投資は弱含み

* 9月の米製造業新規受注、輸送機器を除くベースで前月比+0.4%=商務省

* 9月の米製造業新規受注は前月比+0.7%(予想:+0.5%)=商務省 (内容を更新しました)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米商務省が2日公表した9月の製造業受注は前月比0.7%増と、市場予想の0.5%増を上回った。ただ設備投資が弱含み、製造業の勢いがなくなっていることを示唆した。

8月の製造業受注は当初発表の2.3%増から2.6%増へ上方改定された。

9月の前年同月比は8.4%増だった。

米経済の約12%を占める製造業は、労働力不足や米中貿易摩擦の高まり、ドル高、世界経済の鈍化を背景に勢いを失ってきている。

製造業受注の前月比の内訳は、輸送機器が1.9%増。国防航空機・部品が118.7%増加し、全体水準を押し上げた。民間航空機は17.5%減。自動車は0.5%増だった。輸送機器は8月に13.3%増加していた。

9月は一次金属や機械、コンピューター・電子製品も増加した。電機・家電は減少した。

民間設備投資の先行指標とされる、資本財から国防関連と航空機を除くコア資本財は0.1%減だった。8月は0.2%減少していた。

国内総生産(GDP)の設備投資に組み入れられるコア資本財の出荷は0.1%減。8月も0.1%減だった。第3・四半期GDPの統計で設備投資は伸びが鈍った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below