January 8, 2019 / 6:35 PM / 2 months ago

UPDATE 1-米求人件数、11月は690万件に減少 人手不足の状態続く

* 11月の米雇用動態調査(JOLTS)、求人件数は688.8万件=労働省 (内容を追加しました)

[8日 ロイター] - 米労働省が発表した昨年11月の米求人労働移動調査(JOLTS)は、求人件数が24万3000件減の688万8000件だった。ただ求人件数は失業者数を依然87万人程度上回るなど、人手不足の状態が続いている。

求人件数は8月に730万件と過去最高を記録した。11月の求人率は4.4%に低下した。

業種別では建設が4万5000件減少。一方で運輸、倉庫、公益、金融、保険、教育、医療関連の求人は増加した。

採用件数は21万8000件減の571万件。採用率は3.8%に低下した。労働市場の信頼感を見る上で参考になる自発的な離職件数は11万2000件減の340万7000件。自発的な離職率は2.3%と横ばいだった。エコノミストらは賃金の緩やかな伸びを反映したものとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below