February 28, 2019 / 7:17 AM / 5 months ago

再送--1月工作機械受注は前年比18.8%減、中国向けは同52.3%減

(見出しの余分な記号を削除して再送します)

[東京 28日 ロイター] - 日本工作機械工業会が28日発表した2019年1月の工作機械受注額(確報値)は、前年比18.8%減の1254億0100万円だった。前月比では7.5%減だった。国別では、中国向けが前月比10.4%増ながら、前年比52.3%減と大幅に減少。中国、韓国を含めた東アジア向けは前月比0.8%減、前年比51.8%減となった。

1月の内需は前月比18.2%減、前年比15.9%減の467億7200万円。外需は前月比0.3%増、前年比20.4%減の786億2900万円だった。

外需を国・地域別にみると、中国が前年比52.3%減、韓国が同58.5%減、台湾が同36.8%減で、東アジア合計は同51.8%減と大きく落ち込んでいる。

また、米国が同5.9%減となっており、大きな需要先である中国、米国からの受注減が外需全体の水準を押し下げている構図となっている。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below