February 28, 2019 / 2:32 PM / 3 months ago

UPDATE 1-独2月CPI速報値、前年比1.7%上昇 3カ月連続でECB目標下回る

* 2月の国内基準ドイツ消費者物価指数(CPI)速報値は前年比+1.6%(予想:+1.5%)

* 2月の国内基準ドイツ消費者物価指数(CPI)速報値は前月比+0.5%(予想:+0.5%)

* 2月のEU基準ドイツ消費者物価指数(HICP)速報値は前年比+1.7%(予想:+1.7%)

* 2月のEU基準ドイツ消費者物価指数(HICP)速報値は前月比+0.5%(予想:+0.6%)

* (情報を追加しました)

[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した2月の消費者物価指数(CPI)速報値は、欧州連合(EU)基準(HICP)で前年比1.7%上昇し、市場予想と一致した。

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏のインフレ目標を2%をやや下回る水準としているが、ドイツのインフレ率は3カ月連続でこの水準を下回った。低金利にもかかわらず、欧州最大の経済規模を持つドイツでインフレ圧力がなお緩やかな水準にとどまっていることが確認された。

前月比では0.5%上昇。予想は0.6%上昇だった。

KfW銀行のJoerg Zeuner氏は、輸出依存度が高い製造業者が通商を巡る問題に起因する向かい風にさらされる中、経済は減速していると指摘。エネルギー価格の下落と相まって、インフレは来月は軟調になる可能性があるとの見方を示した。

ドイツ経済は昨年下半期に停滞。景気減速は短期的なものではなく、ユーロ圏全体の重しになるのではないかとの懸念が出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below