March 7, 2019 / 2:50 PM / 2 months ago

UPDATE 1-米新規失業保険申請件数減少、労働市場は依然好調

(内容を追加します。)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米労働省が7日公表した2日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比3000件減の22万3000件だった。市場予想は22万5000件だった。雇用の伸びが鈍化している兆しはあるものの、労働市場が依然として好調であることを示唆した。

労働市場のすう勢をより正確に反映するとされる4週間移動平均では3000件減の22万6250件と、1カ月ぶりの低水準となった。

今回は、2月の雇用統計と調査期間が重ならないため、関連性はない。雇用統計は8日に発表される。雇用は昨年に力強く伸びた後、最近はペースが落ちている兆しがある。労働力不足が一因だ。

それでもなお、雇用の伸びは依然として、失業率を抑制する水準を上回っている。2月の雇用統計の市場予想は、非農業部門の就業者数が前月から18万人増。1月は30万4000人増加していた。失業率の予想は0.1%ポイント低下の3.9%となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below