March 8, 2019 / 10:21 AM / 3 months ago

UPDATE 2-中国・香港株式市場・大引け=中国・香港ともに下落、上海は5カ月ぶりの大幅安

 (香港株の情報を追加しました。)
    [上海 8日 ロイター] - 
 中国                          終値      前日比      %        始値        高値        安値
 上海総合指数             2,969.8614  - 136.5565  - 4.40  3,038.3362  3,075.0461  2,969.5815
                                                                                            
 前営業日終値             3,106.4179                                                        
 CSI300指数<.CSI30   3,657.579   - 151.271  - 3.97  3,721.402   3,774.543   3,656.192 
 0>                                                                               
 前営業日終値              3,808.850                                                        
 香港                     終値     前日比         %       始値         高値         安値
 ハンセン指数         28,228.42   - 551.03     - 1.91  28,409.14   28,533.76    28,201.09 
                                                                               
 前営業日終値         28,779.45                                                           
 ハンセン中国株指数<  11,156.82   - 303.26     - 2.65  11,294.18   11,336.22    11,151.42 
 .HSCE>                                                                        
 前営業日終値         11,460.08                                                           
 
    中国株式市場は、上海株が4%超下落し5カ月ぶりの大幅安となった。利益確定の動きが加速した。  
  
    さえない経済指標と世界的な市場低迷も地合いを圧迫した。ただ、一部の投資家からは中国市場の調整
は「良い入り口」との声も聞かれた。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
151.271ポイント(3.97%)安の3657.579。    
    上海総合指数終値は136.5565ポイント(4.40%)安の2969.8614。
    両指数とも昨年10月11日以来、最大の下落率を記録。商いは高水準で、金融株が下げを主導した。
    中国人民保険集団(PICC)の上海上場株(A株)が値幅制限いっぱいの10%安。中
信証券が株価が著しく過大評価されているとして投資評価を「セル」とした。
    PICCは前日まで5営業日、連日ストップ高をつけ、2週間で株価は倍となった。中信証券は、今後
12カ月間に半値以下に下がる可能性があると指摘した。きょうの終値で年初来では115%高。
    上海のヘッジファンド運用担当者は、このところの急伸を受けた利益確定売りで自然な動きと指摘。中
国株に対する強気姿勢を崩さず、調整余地は大きくないとの見方を示した。
    すでに一部アナリストからは、景気減速の兆候が出ているにもかかわらず、指数がここ数週間「買われ
すぎ」の領域に達していたことから、調整は近いと警告していた。
    発表された中国の貿易統計も地合いの支援材料とはならなかった。
    ANZのグレーターチャイナ担当首席エコノミスト、レイモンド・ユン氏は顧客向けリポートで「貿易
統計は、中国の貿易後退が表面化し始めたという当社の見方を裏付けた」と指摘した。
    中国証券監督管理委員会(CSRC)は記者会見で、この日の市場の動きについてコメントを差し控え
たものの、より長期の海外資本が中国資本市場に投資できることを希望すると述べた。
    市場は今年20%超上昇しており、規制強化の兆候がみられる。
    Shanghai See Truth Investment Management Co.のステファン・ファング副社長は、市場が急ピッチで
上昇してきたことから、当局は、少し熱を冷ますというシグナルを送っているのではないか、と述べた。
    証券時報は8日、中国の銀行規制当局が株式市場への違法な資金提供で金融業者2社を処罰したと報じ
た。
    また証券当局も広東でグレーマーケットの信用取引を監視していると表明。証券会社がシャドーバンキ
ングの貸し手と協力することも禁じた。
    中信建投証券の上海上場株も、華泰証券の「セル」評価を受けてストップ安をつけた。
    中投証券のストラテジスト、アレン・ウォン氏は、欧州中央銀行(ECB)理事会を受けたさえない海
外市場も圧迫したと指摘した。ただ、中国株式市場はまだバブルではないとみており「緩和政策により、今
年後半には景気が回復し株式市場を支援するだろう」との見方を示した。
    
    香港株式市場も下落した。
    ハンセン指数終値は551.03ポイント(1.91%)安の2万8228.42。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は303.26ポイント(2.65%)安の1万1
156.82。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below