March 28, 2019 / 9:12 PM / 3 months ago

UPDATE 1-米金融・債券市場=国債利回り上昇、調整の動き 株価動向が鍵か

 (レートを更新します。)
    [ニューヨーク 28日 ロイター] - 
                    米東部時間       価格   利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分  103*20.50  2.8188%             
 柄)                                               
                    前営業日終  103*19.00  2.8210%             
                            値                      
 10年債(指標銘柄    17時05分  102*01.50  2.3911%             
 )                                                 
                    前営業日終  102*07.00  2.3720%             
                            値                      
 5年債(指標銘柄     17時05分   99*19.25  2.2095%            
 )                                                 
                    前営業日終  100*31.25  2.1650%             
                            値                      
 2年債(指標銘柄     17時05分  100*01.13  2.2319%            
 )                                                 
                    前営業日終  100*02.63  2.2080%             
                            値                      
                          清算値        前日終値  コード
 Tボンド先物6月       150*01.00       150*02.00        
 限                                               
 Tノート先物6月       124*16.00       124*22.00        
 限                                               
    
    米金融・債券市場では、指標10年債利回りが上昇(価格は下落)。前週に米連邦準
備理事会(FRB)がハト派姿勢に急転換してから利回りは低下が続いていたが、調整が
入ったとみられる。
    ジャネー・モンゴメリー・スコット(フィラデルフィア)の主任債券ストラテジスト
、ギー・ルバ氏は「利回りは前週以降、大幅に低下していることから、やや調整が出ても
おかしくない」とした上で、期末にかけて株価の動向が鍵になるとの見方を示した。
    株価はこの日、プラス圏とマイナス圏を行き来する展開となった。
    10年債は1/32安。利回りは2.375%。前日の海外市場では2
.340%と2017年12月以来の低水準を付けた。
    3カ月物Tビルと10年債の利回り差は6ベーシスポイント(bp)。利
回りの逆転が続けば、向こう1―2年以内に景気後退(リセッション)に陥る恐れがある
とされる。
    経済指標では昨年第4・四半期の実質国内総生産(GDP)確報値が前期比2.2%
増と、2月公表値の2.6%増から下方改定されたものの、引き続き2%を上回る成長と
なった。一方、税引き後企業利益は前期比で約2年ぶりに横ばいにとどまった。[nL3N21F
3G0]
    当局者発言ではクラリダFRB副議長が、米国は貿易や金融面で海外と深くつながっ
ており、金融政策運営に当たり海外リスクを無視できないとした上で、インフレ圧力が抑
制されている状況も踏まえ、FRBは忍耐強い対応が可能との認識を示した。経済が予想
外の困難に直面した場合、FRBには非標準的な金融政策を再度導入する用意があるとも
述べた。
    またウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁は、世界経済鈍化を示す兆しはあるものの
、米経済は非常に良い環境にあるとし、「リセッションについてそれほど懸念していない
」と発言した。
    CMEグループのFEDウオッチによると、金利先物が織り込む年内の利下げ確率は
71%となっている。この日行われた7年債入札(320億ドル)は底堅い結果となった
。

    <ドル・スワップ・スプレッド>
                                          LAST      Change
U.S. 2-year dollar swap spread            11.00     (-0.25)
U.S. 3-year dollar swap spread             7.75     (-0.50)
U.S. 5-year dollar swap spread             3.75     (-0.25)
U.S. 10-year dollar swap spread           -1.00     (+1.75)
U.S. 30-year dollar swap spread          -24.75     (+2.50))

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below