August 26, 2019 / 1:03 AM / 22 days ago

再送-株式こうみる:リスクオフ、下落一服後は米中の動向見極め=いちよしAM 秋野氏

(検索コードを修正しました)

[東京 26日 ロイター] -

<いちよしアセットマネジメント 上席執行役員 秋野充成氏>

市場は米中貿易摩擦が緩和の方向に向かうとみていた。それが逆に報復関税の掛け合いとなり、大きくリスクオフになっている、ダウ平均株価は2万5300ドルが重要な節目で、それを割り込むと一段の調整もある得る。日経平均もいったん1万9700円程度まで下落して、米中対立の動向を見極める動きになるだろう。日米貿易交渉の基本合意はほとんど材料にはならず、相場に与えるインパクトはない。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のジャクソンホール会議の講演は想定通りの内容だが、ここまでくると9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で50ベーシスポイントの利下げもやむを得ない。その後、景況感が悪化すれば年末にかけて追加の利下げもあり得る。

その中で、為替は円高方向が意識される。人民元安がどのあたりまで進むかということの兼ね合いになるだろうが、一段とリスクオフになれば、ドル/円は103円の攻防に向かう可能性もある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below