August 26, 2019 / 9:59 PM / 24 days ago

UPDATE 1-中国は南シナ海の石油開発に「高圧的に介入」、米国防総省が批判

(内容を追加しました)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米国防総省は26日、中国はベトナムが領有権を主張する海域における石油・天然ガス開発に「高圧的に介入」していると批判した。

中国の調査船は7月初めに、南シナ海のベトナムの排他的経済水域(EEZ)内で調査活動を開始。船舶追跡データによると、今月24日にはベトナム沿岸付近まで活動を広げた。

国防総省は声明で「中国はこのほど、南シナ海におけるベトナムの石油・天然ガス開発活動に高圧的な介入を再開した」とし、中国の活動は今年シンガポールで魏鳳和・国務委員兼国防相が述べた「平和的発展の道を歩むことを堅持する」という方針に矛盾していると指摘。

「こうしたいじめ戦略を続ければ、中国は近隣諸国、および国際社会の信頼を失うことになる」とした。

米国務省は22日、南シナ海におけるベトナムの石油・ガス開発に対する中国の妨害行為に「深刻な懸念」を表明。中国はここ数週間にわたり東南アジア諸国連合(ASEAN)に対して南シナ海での経済活動を「妨害するために一連の攻撃的措置」を取ったと指摘していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below