August 26, 2019 / 9:34 PM / 22 days ago

UPDATE 1-米金融・債券市場=長短金利差の逆転が加速、短期債入札控え

 (表のレートを更新しました)
    [ニューヨーク 26日 ロイター] -       
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分   104*21.00   2.0415%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   105*02.00   2.0240%             
                            値                        
 10年債(指標銘      17時05分   100*25.50   1.5384%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   100*29.00   1.5270%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     17時05分   101*18.25   1.4188%            
 )                                                   
                    前営業日終   101*19.75   1.4090%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     17時05分   100*12.50   1.5432%            
 )                                                   
                    前営業日終   100*13.38   1.5290%             
                            値                        
                                                                 
   
    
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物9月    165*03.00  165*17.00        
 限                                       
 Tノート先物9月    130*25.00  130*30.50        
 限                                       
    
    米金融・債券市場では、短期債利回りが長期債利回りよりも上昇し
、長短金利の逆転が加速した。米中貿易摩擦を巡る懸念が緩和する中、
今週予定されている短期債入札が重しとなった。
    米財務省は今週、合計1130億ドルの国債入札を実施する予定。
27日には400億ドルの2年債入札が実施される。
    前週末23日には中国が750億ドル相当の米製品に対する報復関
税を発表。その数時間後にはトランプ米大統領が5500億ドル相当の
中国製品に対する関税引き上げを発表した。
    26日には米中双方が世界的な株価急落を招いた通商面の緊張の緩
和に取り組んだが、アナリストは楽観的な見方を示さなかった。
    TDセキュリティーズのシニア金利ストラテジスト、ジェナディ・
ゴールドバーグ氏は「たくさんのメッセージが混在している」と指摘。
「足元の環境下では、純粋に経済指標のみで取引することは難しい」と
述べた。
    米商務省が26日発表した7月の耐久財受注統計は、民間設備投資
の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受
注が前月比0.4%増と、市場予想の0.1%減に反してプラスとなっ
た。
    取引序盤には米中貿易摩擦の激化を背景に指標10年債利回りが一
時1.443%と2016年7月以来約3年ぶりの低水準に低下。ただ
その後切り返し、1.3ベーシスポイント(bp)上昇の1.540%
となった。
    2年債利回りも一時1.449%に低下し、17年9月
以来の低水準となったが、その後は2bp上昇の1.549%となった
。
    2年債と10年債の金利差は前週末終盤のマイナス
0.2bpからマイナス1.7bpに拡大した。
    金利先物市場では、9月17─18日の米連邦公開市場委員会(F
OMC)での25bpの利下げが織り込まれている。CMEグループの
フェドウオッチによると、米連邦準備理事会(FRB)は9月以降に少
なくとも1回以上の利下げを実施すると見込まれている。
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>
                                  Last (bps)  Net Change (bps)  
 U.S. 2-year dollar swap spread   -1.50       0.25              
 U.S. 3-year dollar swap spread   -3.75       0.00              
 U.S. 5-year dollar swap spread   -5.50       0.25              
 U.S. 10-year dollar swap spread  -8.75       0.50              
 U.S. 30-year dollar swap spread  -39.00      1.00              
 
    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below