September 10, 2019 / 9:09 PM / 13 days ago

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り上昇、リスク選好改善 独債動向に追随

 (表のレートを更新しました)
    [ニューヨーク 10日 ロイター] - 
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分   100*16.00   2.2270%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   103*12.00   2.0980%             
                            値                        
 10年債(指標銘      17時05分    98*29.50   1.7437%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   100*01.00   1.6220%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     17時05分    98*10.25   1.6029%            
 )                                                   
                    前営業日終    98*29.25   1.4770%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     17時05分    99*20.38   1.6882%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*27.38   1.5750%             
                            値                        
    
                     清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物9    162*08.00  163*25.00        
 月限                                   
 Tノート先物9    129*18.00  130*08.00        
 月限                                   
        
    米金融・債券市場は、国債利回りがドイツ国債に追随して上昇し、
4週間ぶり高水準を付けた。貿易を巡る米中の緊張緩和やドイツの財政
刺激策への期待でリスク選好度が引き続き改善した。
    利回りは2日連続で上昇。米中政府は来月に通商交渉を再開するこ
とで合意。また、市場は12日の欧州中央銀行(ECB)理事会にも注
目している。
    FTNフィナンシャルの金利ストラテジスト、ジム・ボーゲル氏は
「12日朝のニュースが待たれる中、先月初めから注目の的だったEC
Bのメッセージがどんなものになるかを巡り神経質になるのは驚きでは
ない」と述べた。
    ドイツ30年債利回りは一時、約1カ月ぶりにプラス圏に浮上。E
CB理事会を控えるほか、ドイツ政府が刺激策を打ち出す観測が強まっ
た。
    ショルツ独財務相はこの日、ドイツが経済危機に見舞われた場合で
も、経済に「数十億ユーロ」を注入することによって対処可能と強調し
、独経済がリセッション(景気後退)に陥った場合に大規模な刺激策を
講じる用意があることを示唆した。一方、メルケル首相は、独政府が財
政均衡政策を堅持すると述べ、財政刺激策を導入するとの観測の緩和に
努めた。
    午後の取引で、米10年債利回りは前日終盤の1.6
22%から1.698%に上昇。一時、4週間ぶり水準の1.702%
を付けた。
    ジャニー・モンゴメリー・スコットの首席債券ストラテジスト、ガ
イ・ルバス氏は「まだ少し反発の余地がある」とし、10年債利回りの
支持線は1.71%付近との見方を示した。ただ、これらは一時的とし
、「12カ月先は、金利は過去最低を更新するとみている」と述べた。
    30年債利回りは前日の2.098%から2.178
%に上昇。一時、4週間ぶり水準の2.182%まで上げた。
    2年債利回りは前日の1.575%から1.655%に
上昇。一時は3週間ぶり水準を付けた。
    アナリストはこの日の3年債入札について、さえない内容だったと
指摘。応札倍率は2.42倍で平均を下回った。落札比率は海外の中銀
を含む間接入札者が46.2%で、8月の46.7%、平均の46.9
%を下回った。    
        
    <ドル・スワップ・スプレッド>
                                  Last (bps)  Net Change (bps)  
 U.S. 2-year dollar swap spread   -1.50       -1.00             
 U.S. 3-year dollar swap spread   -5.50       -0.75             
 U.S. 5-year dollar swap spread   -6.75       -0.50             
 U.S. 10-year dollar swap spread  -11.75      -0.75             
 U.S. 30-year dollar swap spread  -42.00      -0.75             
 
    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below