September 11, 2019 / 3:20 PM / 7 days ago

UPDATE 1-米卸売在庫、7月は0.2%増 小幅な伸び

* 7月の米卸売在庫は前月比+0.2%(予想:+0.2%)=商務省

* 7月の米卸売売上高は前月比+0.3%(予想:+0.2%)=商務省 (内容を追加しました)

[ワシントン 11日 ロイター] - 米商務省が11日発表した7月の卸売在庫は前月比0.2%増加した。前月発表の速報値から変わらなかった。小幅な伸びにとどまり、在庫投資が第3・四半期も国内総生産(GDP)の重しとなり続けることを示唆した。

6月は前月比0.1%減だった。

7月の前年同月比は7.1%増だった。

国内総生産(GDP)算出に利用される自動車を除いた卸売在庫は前月比0.1%増だった。

在庫は2018年第3・四半期から今年の第1・四半期にかけて大幅に増え、その後はペースが落ちている。過剰在庫によって企業は受注を減らし、製造業活動が低迷している。在庫投資は第2・四半期に鈍化し、GDP全体を年率2.0%増に抑えた。第2・四半期は個人消費が好調に伸びたことも在庫投資の減速につながった。

また、米中貿易摩擦が高まる中で経済の見通しが悪化し、景気後退のリスクが出てくる中で企業は慎重に在庫管理を進めている。

第1・四半期GDPは3.1%増だった。第3・四半期GDPの予想は1.5―2.2%増。

7月の卸売在庫の内訳は、自動車が0.5%増と、前月の0.1%減からプラスに転じた。専門機器と家具も増えた。一方、衣料とハードウェア、電気製品は減少した。機械は17年12月以来の大幅な減少となった。

7月の卸売売上高は0.3%増と、前月の0.3%減からプラス転換。自動車が0.3%増加し、前月の0.2%減から持ち直した。

7月の売り上げペースで在庫が全てはけるのに必要な期間は前月同様1.36カ月だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below