September 19, 2019 / 2:54 PM / 25 days ago

UPDATE 1-米フィラデルフィア業況指数、9月は12.0 予想ほど落ち込まず

* 9月の米フィラデルフィア地区連銀業況指数は12.0(予想:11.0)、前月は16.8

* 9月の米フィラデルフィア地区連銀新規受注指数は24.8、前月は25.8

* 9月の米フィラデルフィア地区連銀支払価格指数は33.0、前月は12.8

* 9月の米フィラデルフィア地区連銀従業員数指数は15.8、前月は3.6

* 9月の米フィラデルフィア地区連銀設備投資6カ月予測は25.9、前月は22.6

* 9月の米フィラデルフィア地区連銀業況6カ月予測は20.8、前月は32.6 (内容を追加しました)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀が19日発表した9月の業況指数は12.0と前月の16.8から低下したものの、市場予想の11.0ほどは落ち込まなかった。指数はゼロが判断の分かれ目となる。

内訳では新規受注が前月の25.8から24.8に低下。一方、雇用は前月の3.6から15.8に上昇した。労働時間も前月の6.8から13.0に伸びた。支払価格は前月の12.8から33.0に上がった。

米経済の1割程度を占める製造業は昨年以降続く米中貿易戦争のあおりを受け、厳しい状況に直面している。9月のNY州製造業業況指数は2.0に低下したほか、8月のISM製造業景気指数は49.1と、3年ぶりに縮小に転じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below