September 23, 2019 / 5:51 AM / in 22 days

再送-上海外為市場=元は約2週間ぶり安値、米中協議でまちまちなシグナル

(第3段落の不要な文言を削除しました)

[香港 23日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、約2週間ぶり安値に下落した。次官級通商協議を終え、米中からはまちまちなシグナルがでている。

協議について米通商代表部(USTR)は「生産的」、中国側は「建設的」だったと評価した。

ただ中国の代表団は予定していた米農家の視察を急きょ中止し、予定を早めて帰国した。

トランプ米大統領は、米国は対中国で「多くの進展」を遂げたが、2020年の大統領選前に合意する必要性はないと述べた。また、農産品の購入だけでは不十分と警告した。

中盤時点の国内市場の元は0.3%安の1ドル=7.1135元で9月11日以来の安値水準。

オフショア人民元は0.13%高の7.1111元だが、序盤からは上昇が縮小している。

中国人民銀行が設定した基準値(中間値)は7.0734元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below