September 30, 2019 / 4:45 PM / 23 days ago

UPDATE 1-シカゴ景気指数、9月は47.1 15年以降で2番目の低水準

* 9月のシカゴ地区購買部協会景気指数は47.1(予想:50.2)、前月は50.4 (内容を追加しました)

[30日 ロイター] - 金融情報会社MNIが30日発表した9月のシカゴ景気指数は47.1と、前月の50.4から3.3ポイント低下した。市場予想は50.2だった。7月の44.4ほど落ち込まなかったが、2015年以降で2番目の低水準だった。

第3・四半期では前四半期比4.9ポイント低下の47.3と判断の分かれ目となる50を下回り、四半期ベースで09年第3・四半期以来の低水準となった。

内訳では供給業者納入と雇用が上昇し、それぞれ54.8、45.6となった。

生産の落ち込みが最も大きく、15.8%(7.6ポイント)低下の40.4と09年5月以来の低水準となった。需要鈍化を背景に新規受注も急低下し、7.6ポイント低下の48.5となった。

受注残は8月に51.3に回復していたが、9月は8.9%低下の46.8。ただ第3・四半期では47.2と2.8ポイント上昇した。

在庫は6.2%低下の41.7。40カ月ぶりの低水準となり、企業による在庫削減継続を示した。

労働需要は45.6にやや改善したが、四半期ベースでは44.1に低下し、09年第4・四半期以来の低水準だった。

価格は月次でやや低下したが、第3・四半期では57.7と4.1ポイント上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below