October 15, 2019 / 7:59 AM / a month ago

UPDATE 1-厳しさ増す週内のブレグジット合意、EU首脳会議で離脱再延期討議も

(内容を追加しました。)

[ルクセンブルク 15日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱問題を担当するバルニエEU首席交渉官は15日、今週中のブレグジット合意は難しくなっているが依然可能との見解を示した。フィンランドの欧州担当相は、EU首脳が離脱の再延期について討議する見通しを示した。

17─18日のEU首脳会議に向けた最後の準備会合が15日、ルクセンブルクが開かれる。

首席交渉官は記者団に対し「一段と困難になっているが、今週の合意は依然可能」と述べた。

「合意は可能」との発言を受けてポンドが急上昇、対ユーロで5カ月ぶりの高値を付けた。

ポンドは対ドルで0.7%高の1.2699ドル、対ユーロでも同じく上昇し86.90ペンス。

ただ「一段と困難になっている」との発言を受けて、高値からは押し戻される展開となっている。

フィンランドのトゥップライネン欧州担当相は記者団に「あらゆるシナリオがオープンだ」と述べ、合意は依然可能だがEUは合意なき離脱や離脱の再延期にも備えなければならないと指摘。EU首脳会議では、離脱の再延期が検討されるとの見方を示した。

オランダのブロック外相は、今週の合意達成は可能かとの質問に「そう願っている。英国の提案には一定の前進が盛り込まれているが、域内市場が保護されると保証するには不十分だ。残された時間を活用する」と語った。

アイルランド放送協会(RTE)のエディターは、英国が15日に新たな離脱協定案を提示する方針とツイッターに投稿した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below