October 20, 2019 / 1:37 PM / 23 days ago

UPDATE 1-日本、ベスト4進出ならず 南アが雪辱=ラグビーW杯

(内容を追加しました)

[東京 20日 ロイター] - ラグビーワールドカップ(W杯)は20日、南アフリカが日本を26対3で下し、4強入りを決めた。自国開催の日本は目標に掲げていたベスト8進出を果たしたが、格上の南アフリカを破る前回大会の再現にはならなかった。 4回目のW杯出場となった日本のロック、トンプソン・ルーク選手は試合後、「負けて残念だが誇れるチーム。4試合勝って歴史を作った」と語った。

試合は世界ランク4位の南アフリカが前半3分過ぎにトライで先制した後、危険なタックルの反則で1人が一時退場。数的優位に立った日本は押し気味にゲームを進めたが、南アフリカの出足の速いディフェンスに阻まれ、ペナルティゴール1本を返すのみで折り返した。

後半は自力に勝る南アフリカが徐々にゲームを支配。日本は南アフリカのフォーワード力と鋭いタックル、ディフェンスラインの裏に蹴るキックに押され、大半の時間を自陣で戦った。南アフリカは3つのトライと3つのペナルティゴールを決め、前回2015年のイングランド大会の雪辱を果たした。

自国開催となった日本はベスト8進出を最低限の目標に掲げていた。予選リーグはロシア、アイルランド、サモア、スコットランドをすべて破り、全勝で決勝トーナメントに進出。世界ランク6位まで浮上した。

日本のフッカー、堀江翔太選手は試合後、「若い世代の人たちが僕たちの姿を見て、次は絶対に上に上がろうという気持ちを持ってくれれば幸いだ」と語った。

今回の日本対南アフリカ戦を含め、これまで4試合をスタジアムで観戦した自営業の和田満さんは「南アフリカのパワーを跳ね返せずに残念だったが、日本も確実にティア1(強豪10カ国)と同等の力をつけてきた」と話した。

南アフリカはイングランド、ニュージーランド、ウェールズとともに4強入り。次戦は27日、決勝進出をかけてウェールズと対戦する。 (久保信博、取材協力:白木真紀、編集:石田仁志)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below