October 29, 2019 / 3:21 PM / 22 days ago

UPDATE 2-米CB消費者信頼感指数、10月は125.9に低下 予想下回る

* 10月米消費者信頼感指数は125.9(予想:128.0)=コンファレンス・ボード (内容を追加しました)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米コンファレンス・ボード(CB)が29日発表した10月の消費者信頼感指数は125.9で、前月の126.3(改定)から低下し、市場予想の128.0を下回った。低下は3カ月連続。

現況指数は172.3と前月の170.6から上昇。一方、期待指数は94.9と前月の96.8から低下した。就職の困難さを示す指数は11.8と、前月の11.0から悪化した。

CBのディレクター、リン・フランコ氏は「消費者はビジネス環境や先行きの雇用情勢を巡って一定の懸念を示しており、期待指数は多少低下した。しかし消費者信頼感の水準は依然として高く、消費者が年末商戦向けの支出を切り詰める兆候は見られない」と述べた。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「今日の指標では消費者が購買を減らして経済下支えを止めることを示す材料は何もなかった」と指摘した。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「過去に経済が景気後退(リセッション)入りする場合、消費者信頼感も着実に低下した。景気後退シグナルが強まるには、この指数が110前後まで低下する必要がある」との考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below