November 1, 2019 / 1:01 AM / 18 days ago

再送-ホットストック:東エレクはしっかり、今期営業益予想の上方修正を好感

(本文中の余分な文字を削除しました)

[東京 1日 ロイター] - 東京エレクトロンはしっかり。寄り付きで3%近く下落した後は前日終値を挟んでの動きとなったが、現在はプラス圏に定着している。31日に決算を発表し材料出尽くし感による売りが相応に出たもようだが、2020年3月期の連結業績予想を上方修正したことが好感されている。

市場からは「最近の半導体関連メーカーは好調。東京エレクトロンも上昇基調なので、決算後に利益確定の売りが出やすい。今は下がっているが、見直される余地は十分にある」(あかつき証券・投資情報部部長の藤井知明氏)との声が出ていた。

20年3月期の連結営業利益を従来の2200億円から2250億円(前年比27.6%減)へ引き上げた。リフィニティブが集計したアナリスト22人の営業利益の予測平均値2226億円を小幅に上回っている。

会見した笹川謙経理部長は「5Gなど先端技術を使った半導体の投資が出始めている」と述べた。19年の半導体製造装置は前年比15―20%減で着地するものの、ロジック/ファウンドリ向けは堅調なほか、メモリは在庫調整が進み、20年に投資回復を予想している。特に、NAND型フラッシュメモリは市況が底入れし、3カ月前の見通しよりも、顧客の投資意欲が出てきているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below