November 6, 2019 / 9:05 AM / 11 days ago

UPDATE 1-投資判断が色々な意味でまずかったことを反省=孫ソフトバンクG社長

(内容を追加しました)

[東京 6日 ロイター] - ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は6日の2019年9月中間決算会見で、営業損益が155億円の赤字に転落したことを受けて「今回の決算発表内容はボロボロ」「投資判断が色々な意味でまずかった」など反省の弁を口にした。前年同期は1兆4207億円の黒字だった。

4─9月期はソフトバンク・ビジョン・ファンドとデルタ・ファンドからの営業損失が5726億円となったほか、レンタルオフィスのウィーワークとその関係会社などの未実現評価損失が5379億円となった。

「ウィーワーク」の再建策に関して孫社長は、今後3―4年程度は新規ビルの増加は原則ゼロにする方針を表明。経費削減・不採算事業カットを合わせた3つの施策により、大幅に改善するとの見方を示した。「ウィーワーク」への投資については、社内外取締役のほぼ全員から責められたという。

4─9月期の当期利益は前年同期比49・8%減の4215億円、売上高は同横ばいの4兆6517億円だった。

7─9月期だけでみれば当期損益は7001億円の赤字だった。

*この記事はこの後、さらに内容を追加して送信します。 (平田紀之、佐々木美和 編集:石田仁志)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below