November 18, 2019 / 11:36 PM / 20 days ago

UPDATE 1-対米証券投資、9月は海外勢の米国債売り越しが昨年12月以来最大

* 9月対米証券投資、376億ドルの売り越し=米財務省

* 9月の海外投資家による米長期有価証券投資(株式スワップ等除く)、495億ドルの買い越し=米財務省

* 9月の海外投資家による米財務省証券投資、343億ドルの売り越し=米財務省 (内容を追加しました)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米財務省が18日発表した9月の対米証券投資統計によると、海外投資家による米財務省証券投資は、343億2400万ドルの売り越しとなり、売り越し額は前月の304億7900万ドルから増加、昨年12月以来の高水準を記録した。

アナリストは、外国中銀が軟調な自国通貨の支援に向けドル資産を売る動きと一致する内容だと指摘している。

米財務省証券投資における海外投資家の売り越しは過去9カ月のうち6カ月目。

BMOキャピタル・マーケッツの金利戦略部門副社長ジョン・ヒル氏は、中銀の為替介入を反映した海外勢による財務省証券売りがかなり出たようだとの見方を示した。

米10年債利回りは9月初めの1.466%から約20ベーシスポイント(bp)上昇して月末には1.673%となった。

日本の米国債保有高は1兆1450億ドルと前月の1兆1740億ドルから約290億ドル減少。ただ外国勢の米国債保有高としては最大を維持した。

中国の米国債保有高は3カ月連続で減少し、1兆1020億ドルと2017年5月以来の低水準だった。

BMOのヒル氏は、中国の保有高減少は小幅で、米国債は米中貿易問題の武器としては利用されていないとの見方を示した。

海外勢の米国債保有高は全体では850億ドル減の6兆7760億ドルだったが、12月と比べると依然5000億ドル以上多い。

9月の海外勢による米株式投資は、88億2500万ドルの買い越し。8月は209億8700万ドルの売り越しだった。売り越しは昨年5月から今年5月まで13カ月続いていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below