November 19, 2019 / 2:46 AM / 20 days ago

UPDATE 1-マイナス0.1%の政策金利、深掘りの余地十分ある=黒田日銀総裁

(内容を追加しました)

[東京 19日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は19日、参議院財政金融委員会で「マイナス0.1%の政策金利に深掘りの余地は十分ある」と述べ、追加緩和手段として政策金利の引き下げも排除していないとの姿勢をあらためて示した。

国債買い入れについても、市場には国債はまだ十分あるとして「買い入れることがこれ以上できないことはない」と強調した。

市場ではマイナス金利の引き下げや国債買い入れの増額の限界を指摘する声もある。

黒田総裁は追加緩和策について「無制限にいくらでもできるとか手段が無尽蔵にあるとは言っていない」とした上で「ベネフィットだけでなく、コストも比較考量して最適な政策手段を決めていく」と語った。

*この記事は、この後さらに内容を追加して送信します。 (志田義寧 編集:佐々木美和)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below