for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(15日)=ルピアが下落、追加利下げ観測で

* tmsnrt.rs/2egbfVh

* tmsnrt.rs/3f2vwbA

[15日 ロイター] - アジア新興国通貨市場はインドネシアルピアとフィリピンペソが下落し、他は総じて底堅い展開となった。ルピアは中銀が今年4回目の利下げに踏み切るとの観測で売られている。

ルピアは1%近く下げ、約2週間ぶりの大幅な下落率を記録。

ロイター調査ではインドネシア中銀が16日の会合で政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、4.00%にすると予想したアナリストが全体の半数強を占めた。新型コロナウイルスの影響でインフレ率と経済成長率が鈍化していることが背景。

フィリピンペソはじり安。同国の新型コロナ感染拡大への懸念が一段と強まった。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up