for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本電産、原価改善で減収でも増益 車載は「戻り基調」

 日本電産は7月21日、2020年4─6月期の連結営業利益(国際会計基準)が前年同期比1.7%増の%の281億円となったと発表した。写真は7月25日、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 21日 ロイター] - 日本電産6594.Tは21日、2020年4─6月期の連結営業利益(国際会計基準)が前年同期比1.7%増の281億円となったと発表した。売り上げ減に伴う利益の減少はあったものの、原価改善策が奏功し増益となった。売上⾼は前年同期比6.6%減収の3369億円。

永守重信会長はオンライン会見で「車載は良くなかったが精密小型モーターは収益性が上がってきた」と述べた。

車載分野は市場が低迷し4―5月に落ち込んだが、6月以降は戻り基調にあるという。原価改善策で収益性を強化した結果、赤字にならなかったとし「今後、売り上げが回復してくると利益が大きく出てくる。7―9月以降は改善がさらに進むと自信を持っている」と述べた。

一方、テレワーク需要でPC向けの薄型・⼩型のファンモータが堅調で、過去最⾼の出荷台数となった。家電・商業・産業用製品の分野でも利益率の改善が進んでいるとし「売り上げが5000億円以上あるので収益性が高まれば利益貢献は非常に大きい」(永守会長)と強調。今期にまず10%の利益率を確保する考えを示した。

21年3月期の通期営業利益予想は1250億円で据え置いた。リフィニティブがまとめたアナリスト21人による予想の平均値は1247億円。

年間配当も1株当り60円とする配当予想を据え置いた。前提為替レートは1ドル105円、1ユーロ117円で変更していない。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up