July 30, 2020 / 10:02 AM / 9 days ago

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(30日)

(内容を更新しました。)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。

◎都内の感染者が過去最多367人、小池知事「感染拡大特別警報」 2020年7月30日 18:14:00MOST READ 東京 30日 ロイター - - 東京都で30日、新型コロナウイルスの感染者が新たに367人となり、今月23日の366人を超えて過去最多となった。

◎景気回復は18年10月に終了、戦後最長には至らず=内閣府 2020年7月30日 18:05:00 東京 30日 ロイター - - 内閣府は30日、景気回復の期間を判定する有識者による「景気動向指数研究会」を開催し、2012年12月の第二次安倍政権発足とほぼ同時に始まった景気拡大局面が2018年10月に終了したと暫定的に認定した。景気拡大期間は71カ月となり、2002年2月から08年2月まで73カ月続いた戦後最長の「いざなみ景気」には届かなかった。

◎パナソニック、テスラ向け電池のエネルギー密度20%向上へ 2020年7月30日 17:53:00 東京 30日 ロイター - - パナソニックが、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ向けリチウムイオン電池の中核部材である「セル」のエネルギー密度を5年以内に約20%向上させる方針であることがわかった。同社の米国での車載電池事業幹部が明らかにした。セルが高容量化すれば1回の充電でより長距離の走行が可能となるため、EVの利便性が高まりそうだ。

◎乗用車8社の6月世界生産は25.6%減 新型コロナ響く 回復傾向も 2020年7月30日 17:16:00 東京 30日 ロイター - - 乗用車メーカー8社が30日発表した6月の世界生産台数は、前年同月比25.6%減の166万5764台だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要の減少や工場での生産調整の影響で前年同月を下回ったものの、減少幅は、前月(61.4%減)と比べ大幅に縮小した。8社合計の国内生産台数は36.4%減の49万0877台。

◎クレディスイス、投資銀行部門を統合 第2四半期は24%増益 2020年7月30日 17:32:00 チューリヒ 30日 ロイター - - スイスの金融大手クレディ・スイスが発表した第2・四半期決算は、予想を上回る増益だった。同社は、投資銀行関連部門を1部門を統合すると発表した。

◎シェル第2四半期は赤字回避、コロナ禍で減損168億ドル 悪影響続く 2020年7月30日 18:52:00 ロンドン 30日 ロイター - - 英蘭系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルが発表した第2・四半期決算は、トレーディング事業が好調で赤字を回避した。第3・四半期についてはコロナ禍の価格や売上高への悪影響が続くとの見通しを示した。

◎レイセオンとロッキードが日本で再び火花、陸上イージス代替巡り 2020年7月30日 18:03:00 東京 30日 ロイター - - 日本政府が陸上配備型迎撃ミサイルシステム、イージス・アショアの配備手続きを停止したことを受け、米軍事大手レイセオンが代替案の売り込みに動いている。同社は2年前、イージス・アショア用レーダーの選定で米ロッキード・マーチンに敗れており、複数の関係者によると、防衛政策に影響力のある日本の議員らに働きかけを強めている。

◎富士通、4-6月期決算は大幅増益 採算性改善など奏功 2020年7月30日 16:54:00 東京 30日 ロイター - - 富士通は30日、2020年4─6月期連結決算(国際会計基準)で営業利益が222億円(前年比6.58倍)、純利益が181億円(同2.56倍)になったと発表した。売上収益は4.3%減の8027億円だった。

◎トヨタ、6月世界生産は24%減 日本では44.8%の減少 2020年7月30日 13:51:00 東京 30日 ロイター - - トヨタ自動車が30日に発表した2020年6月の世界生産台数は、前年同期比24.0%減の58万8816台だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要の減少や工場での生産調整の影響で前年比を下回る結果となった。一方、減少幅は、過去最大の落ち込みとなった前月(54.4%減)と比べ大幅に縮小した。

◎インタビュー:一喜一憂せず、超長期の視点で運用=宮園GPIF理事長 2020年7月30日 14:26:00 東京 30日 ロイター - - 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の宮園雅敬理事長は、ロイターのインタビューに応じ、コロナショックがあっても一喜一憂せず、超長期投資家としての視点で資産運用を行っていくと話した。また、ESG(環境、社会、企業統治)投資についても、経済成長の果実を得るという視点で行っていきたいとの考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below