for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反発、リライアンス小売部門へのKKR投資が買い誘う

    [ベンガルール 23日 ロイター] - 
 インド             日本時間13時37    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      37,959.93   + 225.85   + 0.60  38,124.94
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           37,734.08                               
                    日本時間13時37    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             11,216.15    + 62.50   + 0.56  11,258.75
                                                                
 前営業日終値           11,153.65                               
    序盤のインド株式市場は反発。複合企業リライアンス・インダストリーズ(RIL)
の小売り部門への米大手投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に
よる投資が、RIL株の上昇につながった。これを受け株価全体も押し上げら
れた。
    さらに、ヒマラヤ地帯での未確定の国境線をめぐり対立するインドと中国がこれ以上
、部隊をお互いに増派しないと合意したことが、投資家を安心させた。
    0345GMT(日本時間午後0時35分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は0.7%高の1万1230.20。SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)も0.7%高の3万799
7.74。
    KKRはRIL小売り部門へ555億ルピー(7億5509万ドル)を投資
することが分かり、RIL株は2.9%高となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up