for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

8月コンビニ既存店売上高は前年比5.5%減、6カ月連続のマイナス

 8月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比5.5%減の9059億円と、6カ月連続のマイナスとなった。写真はコンビニの店内、4月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が23日発表した8月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比5.5%減の9059億円と、6カ月連続のマイナスとなった。

8月は、在宅勤務や外出自粛の動きが続いたことで客足が鈍り、来店客数が同9.3%減少したことで、売上高が前年を下回った。

一方で、全国的に平均気温が高く、冷やし麺などの調理麺やアイスクリームなど、夏物商材が好調だった。また、引き続き、生鮮食品、冷凍食品、酒類、マスク等の衛生用品等も売れ行きがよかったことで平均客単価は同4.2%増加、全体の売上高を下支えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up