for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:日本郵船が後場に入り堅調、業績見通しの上方修正を好感

[東京 24日 ロイター] -

日本郵船が後場に入り堅調な展開となっている。昼休み中に業績見通しの上方修正を発表したことが好感された。

同社は24日、2021年3月期業績見通しについて、営業利益をゼロから150億円に、第2四半期末の配当金を20円に上方修正すると発表した。

定期船事業では、想定以上の積高による需給改善でスポット運賃も堅調で、大手3社による出資会社であるONEの収支も想定を上回ると見込む。航空運送事業でも想定より高い運賃単価水準が継続して収支が改善、物流事業の航空貨物取扱事業も堅調な市況に支えられているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up