for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反発、金融・IT株が主導

    [ベンガルール 17日 ロイター] - 
 インド              日本時間13時43    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      49,203.19   + 470.64   + 0.97  48,990.70
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            48,732.55                               
                     日本時間13時43    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              14,807.85   + 130.05   + 0.89  14,756.25
                                                                 
 前営業日終値            14,677.80                               
    インド株式市場は反発。新型コロナウイルスの感染拡大は続いているものの、金融株
とIT株が買われた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0356
GMT(現地時間午前9時26分、日本時間午後0時56分)時点で、0.57%高の1
万4761.05。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘
柄で構成)        は0.55%高の4万9005.37。
    ニフティPSU銀行株指数は約2%の上昇。HDFC銀行とI
CICI銀行が同指数の値上がり寄与度上位だった。
    ニフティIT指数は0.3%高と4営業日ぶりに反発。インフォシス<INF
Y.NS>は1%超上昇した。
    ただ、7日のインド保健省の発表で同国のコロナ感染による過去24時間の死者数が
4106人となるなど、感染拡大が収まっていない。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up