for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=まちまち

    [17日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場はまちまち。新型コロナウイル
スの初期の感染拡大では封じ込めに成功したと評価されていた台湾やシンガポールでの感
染再拡大や、感染力の強いインド型などの変異ウイルスをめぐる懸念が強かった。安全資
産とされる金やドルに逃避している。
    INGのアジア太平洋部門調査責任者ロバート・カーネル氏は「感染者数が低水準で
も増加しつつあるなら、インドのような事態を未然に防ぐのに、残された時間はそれほど
ない」と指摘した。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.04%高。同国では
感染拡大防止のため学校などが閉鎖された。
    タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)事務局は、感染再拡大を理由に今年の成
長率見通しを再び下方修正した。ただ1ー3月期の減少率は市場予想より小幅だった。[n
L3N2N416O]
                               時間     現在値     前日比         %
 シンガポー  ST指数 <.STI   16:08    3079.22     +24.20      +0.79
         ル  >                                             
             前営業日終値              3055.02                      
 マレーシア  総合株価指数 <   16:08    1584.53      +2.01      +0.13
             .KLSE>                                        
             前営業日終値              1582.52                      
 インドネシ  総合株価指数 <   16:23    5836.35   -102.003      -1.72
         ア  .JKSE>                                        
             前営業日終値             5938.351                      
 フィリピン  総合株価指数 <   13:50    6283.58     +14.22      +0.23
             .PSI>                                         
             前営業日終値              6269.36                      
   ベトナム  VN指数 <.VNI   16:06    1259.34      -7.02      -0.55
             >                                             
             前営業日終値              1266.36                      
       タイ  SET指数 <.S   14:29    1542.59      -6.89      -0.44
             ETI>                                          
             前営業日終値              1549.48    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up