for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国まちまち、エネルギー・通信株主導で香港続伸

    [上海 18日 ロイター] - 
 中国                   前場終値     前日比         %         始値
 上海総合指数         3,520.4790   + 2.8632     + 0.08  3,520.6488 
 前営業日終値         3,517.6158                                   
 CSI300指数<.C   5,176.895    - 8.091     - 0.16   5,190.935 
 SI300>                                                 
 前営業日終値          5,184.985                                   
 香港                   前場終値     前日比         %         始値
 ハンセン指数          28,545.20   + 351.11     + 1.25   28,438.03 
 前営業日終値          28,194.09                                   
 ハンセン中国株指数<   10,632.05   + 128.21     + 1.22   10,601.52 
 .HSCE>                                                 
 前営業日終値          10,503.84                                   
    
    中国株式市場はまちまちで前場を終了した。前日に2カ月強ぶりの高値で引けた後で
、上げ一服となった。
    上海総合指数前場終値は2.8632ポイント(0.08%)高の3520
.4790。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は8.091ポイント(0.16%)安の5176.895。
    一方、香港市場は続伸。エネルギー株と通信株がけん引した。
    ハンセン指数前場終値は351.11ポイント(1.25%)高の2万854
5.20。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は128.21ポイント(1
.22%)高の1万0632.05。
    両指数とも大引けまで上げ幅を維持すれば、3営業日続伸となる。
    ハンセンエネルギー指数は3.2%高、通信株指数は2.7%高
。
    第一上海のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏は「中国と米国の直近の経済
指標は、ある程度の成長鈍化を示したため、金融緩和が続くとの期待が強まった」と分析
。
    「日本、台湾、インドでのコロナ感染者の増加は、中国本土と香港でコロナ感染が抑
制されている状況と対照的で、同2市場への投資家の信頼感が高まった」と続けた。
    一方、本土の投資家が、独占禁止法違反による摘発への懸念で軟調となっていたハイ
テクなどのセクターを安値拾いをする動きも一部でみられた。
    ハンセンテック指数は1%上昇したが、2月18日に記録した過去最高値
は依然、約30%下回っている。
    市場参加者は19日公表の4月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨に注目
している。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up