for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反落、金融株が安い

    [ベンガルール 19日 ロイター] - 
 インド             日本時間14時9     前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      50,077.19   - 116.14   - 0.23  50,088.81
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           50,193.33                               
                    日本時間14時9     前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             15,085.80    - 22.30   - 0.15  15,058.60
                                                                
 前営業日終値           15,108.10                               
    
    序盤のインド株式市場は反落。アジア各市場で金融株の下落が波及した。米国のイン
フレ高進を懸念した投資家が新型コロナウイルスのパンデミック(大流行)中に上昇した
資産を敬遠したことが背景。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0351GMT(
現地時間午前9時21分、日本時間午後0時51分)時点で、0.15%安の1万508
4.05。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.18%安の5万0114.42。
    ICICI銀行は0.9%安、HDFC銀行は0.4%安。ただ
週間ベースでは、両行ともに依然として約5%高となっている。
    自動車大手タタ・モーターズは5%安と、最も下落した。1ー3月期決算
の損益が赤字となったほか、先行きも厳しいとの見方を示したことが嫌気された。
    一方、石油大手インディアン・オイル・コープ(IOC)は0.29%高。
    太陽光発電機器メーカーのアダニ・グリーン・エナジーは5%高。同社は
、ソフトバンクグループが出資するSBエナジー・ホールディングスを35億ドルで買収
すると発表した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up