for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融・債券市場=長期金利が一時1.69%、FOMC要旨で緩和縮小議論に言及

    [ニューヨーク 19日 ロイター] - 
                   米東部時間       価格    利回り  コード
 30年債(指標      17時05分  100*00.00   2.3750%  <US30YT=RR
 銘柄)                                             >
                   前営業日終  100*07.50   2.3640%            
                           値                       
 10年債(指標銘     17時05分   99*17.00   1.6762%  <US10YT=RR
 柄)                                               >
                   前営業日終   99*27.00   1.6420%            
                           値                       
 5年債(指標銘      17時05分   99*15.00   0.8599%            
 柄)                                               
                   前営業日終   99*21.00   0.8210%            
                           値                       
 2年債(指標銘      15時59分   99*29.88   0.1592%            
 柄)                                               
                   前営業日終   99*30.38   0.1510%            
                           値                       
        
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物6月    156*02.00  156*22.00        
 限                                       
 Tノート先物6月    132*01.00  132*12.50        
 限                                       
 
    
    米金融・債券市場では長期金利が上昇し、一時1.69%を付けた
。4月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、将来の量的緩和
縮小(テーパリング)議論に言及したことが材料視された。
    議事要旨によると、数人の参加者は「FOMCが設定する目標に向
けて経済の急速な進展が継続すれば、今後ある時点の会合で、資産買い
入れペースの調整を巡る討議を開始することが適切になる可能性がある
」と発言した。
    インキャピタルのチーフ市場ストラテジスト、パトリック・リアリ
ー氏は、政策担当者の間で「遅かれ早かれテーパリングの話を始める方
向」でコンセンサスの形成が始まったと指摘。議事要旨はややタカ派的
な内容で、市場は多少不安を感じているとした上で、FRBとしては「
このように事前にいくらか種をまいておくことで、市場に対して先手を
打っているのだろう」と語った。
    キャクストンのシニアアナリスト、マイケル・ブラウン氏は、緩和
縮小に向けた非常に小幅な最初の一歩であるとしながらも、議事要旨で
は常にFRB内のタカ派が強調され過ぎるきらいがあり、市場は過剰反
応していると指摘した。 
    10年債利回り           は3.8ベーシスポイント(bp)上
昇し1.680%。一時1.6920%を付ける場面も見られた。
    270億ドルの20年債入札への需要がさえなかったことも国債の
売りを誘った。一方、暗号資産(仮想通貨)のビットコインやイーサが
軒並み急落し、1日としては昨年3月以来の大幅な下げを記録したこと
は相場を下支えしたという。
    金融当局者の発言では、アトランタ地区連銀のボスティック総裁が
、金融政策を変更する時期はまだ到来していないと強調。セントルイス
地区連銀のブラード総裁は、市場ベースの期待インフレ率が目標から遠
ざかれば対応が必要となり得るものの、そのような状況は起きていない
と確認した。
    30年債利回り           は1.9bp上昇し2.383%。
    物価連動国債(TIPS)と通常の国債の利回り差で、期待インフ
レ率を示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、5年物US5
YTIP=RRが2.664%、10年物が2.503%。
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>
 DOLLAR SWAP SPREADS                         
                                    Last (b  Net Change
                                    ps)       (bps)
 GooU.S. 2-year dollar swap spread  10.00    0.00
 U.S. 3-year dollar swap spread     11.25    -0.25
 U.S. 5-year dollar swap spread     7.75     -0.75
 U.S. 10-year dollar swap spread    -4.25    -0.50
 U.S. 30-year dollar swap spread    -31.75   0.25
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up