for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グリーン社会、デジタル化などを経済の原動力に 骨太方針の骨子案

[東京 25日 ロイター] - 政府は25日の経済財政諮問会議で、経済財政運営と改革の基本方針「骨太方針」の骨子案を提示し、グリーン社会の実現、官民挙げたデジタル化の加速、地方創生、子育て支援の4つを経済成長の原動力として重点的に推し進めるとした。

政府は骨子案をもとに議論を進め、6月中に骨太方針の閣議決定を目指す。

同会議で民間議員から提出された資料では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、「今後も、機動的・弾力的なマクロ経済運営を行い、今年度中にコロナ前の経済水準を目指す」とした。

また、「600兆円規模の経済の早期実現と財政健全化目標の達成に万全を期す」とした2018年の骨太方針の実現のためには、グリーン化やデジタル化を推進する投資や、こども・子育て支援、地方の所得向上への取り組みが必要との認識を示した。

金子かおり

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up