for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、ECB当局者のハト派発言で

    [ロンドン 25日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                            
 米東部時間11時3                                           
 7分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.54    0.00     100.54         
 独連邦債2年物    112.04   +0.01     112.03          
 独連邦債5年物    134.66   +0.14     134.52          
 独連邦債10年    169.69   +0.37     169.32          
 物                                           
 独連邦債30年    200.50   +0.84     199.66          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.661  -0.005     -0.660            
 独連邦債5年物    -0.553  -0.024     -0.529            
 独連邦債10年    -0.167  -0.027     -0.140             
 物                                           
 独連邦債30年     0.398  -0.023      0.418             
 物                                           
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回りが約2週間ぶりの水準に
低下した。欧州中央銀行(ECB)当局者によるハト派的な発言が材料
視された。
     ECB理事会メンバーのストゥルナラス・ギリシャ中央銀行総裁
は、ユーロ圏では新型コロナウイルスワクチン接種が進んでいるものの
、域内経済はなおパンデミック(世界的大流行)の影響を受けているた
め、緩和策を縮小すべきではないと述べた。
    ビルロワドガロー仏中銀総裁も、パンデミック緊急購入プログラム
(PEPP)の出口戦略を検討する時間は十分にあるほか、その後の買
い入れは一層柔軟になり得るという考えを示した。
    終盤の取引で、ドイツ10年債利回りは2ベーシスポ
イント(bp)低下し、マイナス0.158%と、12日以来の水準に
沈んだ。
    イタリア10年債利回りも5bp低下の0.97%。
1%を割り込むのは13日以来初めて。
    オランダ10年債利回りも一時、12日以来初めてマ
イナス圏に沈んだ。   
    25日発表されたドイツの第1・四半期の国内総生産(GDP)改
定値は前期比1.8%減と、予想以上のマイナス成長を記録した。[nL3
N2NC3BU]
    みずほの金利ストラテジスト、ピーター・マカラム氏は「ECBに
よるテーパリング(量的緩和縮小)期待は後退している。ECBからさ
らにハト派発言が出てくれば、欧州債券は米・英債券をアウトパフォー
ムするだろう」と述べた。
    6月10日に予定される次回のECB理事会では、景気改善を踏ま
えた上で緊急債券購入のペースを見直す方針。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up