for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニーG、3年間で戦略投資2兆円 「顧客10億人」囲い込みへ

 5月26日、ソニーグループは経営方針説明会を開き、2021─23年度の3年間に2兆円の戦略投資枠を設定すると発表した。写真は同社のロゴ。ニューヨークで2019年1月撮影(2021年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 26日 ロイター] -

ソニーグループの吉田憲一郎社長は26日の経営方針説明会で、2021─23年度の3年間で2兆円の戦略投資枠を設定すると発表した。コンテンツを直接提供するユーザー数を、現在の1.6億人から10億人に広げることなどを目指すという。

投資の優先順位は、1)コンテンツの知的財産(IP)とユーザーとの直接取引、2)テクノロジー、3)自己株式の取得。吉田社長は「今あるものを大きくしていくほか、M&A(合併・買収)によって新たに広げるものもある。アニメ、ゲーム、モバイルなどを通じて挑戦したい」と述べた。

一方、中期的な経営数値目標の公表に関しては「社内で計画は立てているが(外部に)言うことがいいのかは議論がある。3年は経営の目標としては短すぎるし、環境の変化としては長すぎる」として、公表の是非を社内で議論していると説明した。

<半導体の安定調達「非常に重要」>

台湾積体電路製造(TSMC)と合弁で半導体工場を建設する構想が浮上しているとの報道については、コメントは控えるとしつつ「ロジック半導体を安定的に調達できることは非常に重要。一般論として、半導体の安定調達は日本の競争力維持のためにも大事だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up