for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=まちまち、リライアンスが上昇

    [ベンガルール 26日 ロイター] - 
 インド              日本時間13時56    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      50,851.21   + 213.68   + 0.42  50,899.58
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            50,637.53                               
                     日本時間13時56    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              15,268.75    + 60.30   + 0.40  15,257.05
                                                                 
 前営業日終値            15,208.45                               
    インド株式市場はまちまち。エネルギー株と消費者関連株が上昇する一方、金融株と
素材関連株が下げている。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は日本
時間13時56分時点で213.68ポイント(0.42%)高の5万0851.21、
NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は60.30ポ
イント(0.40%)高の1万5268.75。
    複合企業リライアンス・インダストリーズは上昇。
    鉄鋼大手タタ・スチールと民間銀行最大手HDFC銀行は売られ
ている。
    インドの新型コロナウイルス新規感染者数が着実に減少したため、このところ投資家
のリスク選好は改善した。
    ビジネス・スタンダード紙が独立系エコノミストや格付け機関への調査を引用して伝
えたところによると、2020/21年度第4・四半期の国内総生産(GDP)は、政府
のマイナス成長予想に反して0.6-2.1%増となる見込み。ただ、通年では7-8%
減と予想されている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up