for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、銀行株が抑制 中型株は好調

    [26日 ロイター] - 
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 FTSE100種                7026.93      -2.86    -0.04      7029.79          
      
    ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。米連邦準備理事会
(FRB)が緩和的な姿勢を改めて示したことが多くの株式の押し上げ
要因となる一方、銀行株の売り材料となった。中型株は好調だった。
    金融大手HSBCと保険大手プルーデンシャル、
英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)は
0.7%から2.0%下落した。
    一方、特殊化学品会社クローダ・インターナショナルは2
.6%上昇。ゴールドマン・サックスが投資判断を「売り」から「買い
」に引き上げたことが好感された。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.9%上がっ
た。製薬のベクトラ・グループは33.8%の急騰。米投資フ
ァンドのカーライル・グループによる9億5800万ポンド(13億6
000万ドル)の買収に合意したことが買い材料だった。
    小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は8
.5%高。事業再生計画が進展しており、2021/22会計年度初め
の数週間の業績が好調だったと説明し、利益が持ち直すと予想したのが
好感された。
    情報技術(IT)インフラとサービスのソフトシャットは
6.9%上がった。通期の業績が市場予想を上回るとの見通しが材料視
された。 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up