for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型コロナ起源の政治問題化は調査の妨げ=在米中国大使館

[上海 27日 ロイター] - 在米中国大使館は26日、新型コロナウイルスの起源の政治問題化は調査の妨げになるとの見解をウェブサイトに掲載した。

バイデン米大統領がこの日、新型コロナの起源について、動物からの感染と研究所からの漏えいという2つのシナリオを米情報機関が精査しているものの、見解は割れていると明らかにしたことを受けたもの。

大使館は声明で「一部の政治勢力が政治的操作と責任のなすり合いに固執している」と表明。中国は「世界中で見つかった新型コロナの全ての初期事例に関する包括的な研究と、世界にある一部の秘密基地や生物学研究所に対する徹底的な調査」を支持するとした。

世界保健機関(WHO)は3月、国際調査団が中国湖北省武漢で行った新型コロナの起源を探る調査報告書を公表し、ウイルスが武漢周辺の研究所から漏えいしたとの見方は「最も可能性の低い仮説」と結論付けた。だが、米政府は中国がこの調査で十分な透明性を示したとは考えていないとし、WHOが追加調査の準備に動き出す中、中国には調査へのさらなる協力が求められている。

ワシントンにあるシンクタンク、外交問題評議会(CFR)の公衆衛生分野のシニアフェロー、Yanzhong Huang氏は、コロナウイルスの武漢研究所からの漏えい説が再び浮上した背景には中国の情報開示の欠如があると指摘。「(研究所から漏えいしたとする)仮説を裏付ける新たな材料は実はない」とした上で、ウイルスの起源を巡る調査結果への信頼を得るには透明性が非常に重要だと語った。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は26日、研究所からのウイルス漏えい説がさらに調査されるならば、米国はフォート・デトリック(メリーランド州にある陸軍医学研究施設)を含む自国の施設への調査も受け入れるべきだと訴えた。

CFRのHuang氏は、新型コロナの起源を巡る追加調査は「行き詰まっている」とし、「中国にさらなる協力と透明性が望めればいいが、この件がここまで政治問題化された今、調査へのハードルは高い」との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up