for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

上海外為市場=人民元、3年ぶり高値から後退 当局者が元高けん制

[上海 31日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで一時3年ぶりの高値を付けた。ただ、中国の当局者らから行き過ぎた投機をけん制する発言が相次ぎ、人民元は押し戻された。

中国国家外為管理局(SAFE)の元高官、管涛氏は中国証券報への寄稿で「国内外為市場では最近、周期的な『群衆効果』の兆候がある」との見方を示し、元の先高観は「為替市場の秩序ある機能を阻害するだけでなく、輸出部門の財務負担を増やすことになる」と指摘した。

これより先、中国人民銀行(中央銀行)で調査統計局長を務めた盛松成氏は30日、人民元の対ドル相場の急速な上昇は行き過ぎの可能性があり、持続可能ではないとの認識を示した。新華社のインタビューで述べた。

人民銀行系の金融時報も30日、人民元の対ドル相場下落につながり得る潜在的な要因について警告した。人民銀を含む規制当局は27日、人民銀のホームページに掲載した声明で、外国為替市場の不正操作を厳しく取り締まると表明し、現在の為替政策に変更はないと繰り返した。

中国の力強い景気回復や資本流入を背景に、人民元は月間ベースで、対ドルで昨年8月以来の大幅上昇を記録する勢いになっている。

人民銀行は31日、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.3682元とし、2018年5月17日以来の元高水準に設定した。

元高の基準値を受け、人民元は通貨バスケットに対する貿易加重平均ベースでも98.22と、16年3月29日以来の元高水準を記録した。市場では98が天井とみられていた。

スポット市場の元は一時1ドル=6.3607元と、18年5月18日以来の高値を付けた。その後は6.3689元と小幅安となった。

オフショア人民元も一時6.3555元と、18年5月23日以来の高値を付けたが、その後6.3656元に後退した。

上海の外資系銀行の首席トレーダーは「銀行の自己勘定取引でトレーダーは当局のコメントと姿勢に注目しており、国有銀行の行動も注視している」と説明。

その上で、海外に上場している中国企業が配当金の支払いのためにドルを購入する動きで元の一段の上昇が阻まれる可能性があるとした。

「5月半ばにドルを購入した企業もあるが、このフローはまだ終わっていない。一部の企業は市場を注視し、より好ましい価格で購入しようと待っている」と述べた。

ただ、力強い資本流入など、人民元高の背景にある構造的要因が今後大きく変化すると見込む向きは少ない。ニューベスト・キャピタルのポートフォリオマネジャー、デーブ・ワン氏は、中国の金融セクターの再評価と、金利や不良債権を巡る見通し改善が、新たな(人民元)買いを誘発していると指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up