for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英住宅ローン融資額、4月は急減 減税巡る不透明感で

[ロンドン 2日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が2日発表したデータによると、4月の住宅ローン融資額はネットベースで33億ポンド(約47億ドル)で、過去最高だった3月の115億ポンドから急減した。減税措置を巡る不透明感が影響した。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は66億ポンドだった。

英中銀は「3月に終了する予定だった印紙税の減税措置が6月末まで延長されたことを反映している可能性が高い」と分析した。

住宅取得に伴う印紙税減税は当初は3月末に失効する予定だったため、その前に住宅ローンを契約する動きが活発になり、3月の融資増につながった。スナク財務相は3月の予算演説で減税の延長を発表したが、4月の住宅ローン融資額に影響するにはタイミングが遅すぎた。

4月の住宅ローン承認件数は8万6921件。3月は8万3402件だった。

家計の債務返済は4月も続いていた。ロックダウン(都市封鎖)期間中の消費機会の減少などが背景にあるとみられる。

消費者向け無担保融資は3億7700万ポンド減少した。エコノミスト予想の平均は5億ポンド増だった。

前年同月比では5.7%減少し、減少幅は3月の8.8%から縮小した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up