for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=フィリピンとマレーシアが下落

    [3日 ロイター] - 東南アジア株式市場では、フィリピンとマ
レーシアが下落している。
    投資家は米国の経済指標の発表待ち。統計で米国経済が力強く回復
しているとの自信が強まれば、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融
緩和縮小に向けた協議の開始が早まる可能性があり、アジア市場の不安
定化が予想される。
    前日3%超上昇したフィリピン市場は反落。
    マレーシアでは新型コロナウイルス感染が急拡大しており、1日当
たりの死者数はパンデミック(世界的大流行)開始以来最大となってい
る。同国財務相は1日、2021年の経済成長予測は新型コロナ対策の
新規抑制策によって下方修正の可能性があると発言した。
  タイ市場は祝日で休場。
    
                               時間     現在値     前日比         %
  シンガポ  ST指数          14:58    3165.45      +4.41      +0.14
      ール                                                 
            前営業日終値               3161.04                      
  マレーシ  総合株価指数 <.   14:58    1590.84      -7.10      -0.44
        ア  KLSE>                                          
            前営業日終値               1597.94                      
  インドネ  総合株価指数 <.   13:30    6040.76     +9.181      +0.15
      シア  JKSE>                                          
            前営業日終値              6031.578                      
  フィリピ  総合株価指数 <.   13:50    6791.87     -49.82      -0.73
        ン  PSI>                                           
            前営業日終値               6841.69                      
  ベトナム  VN指数          12:45    1355.52     +14.74      +1.10
            前営業日終値               1340.78                      
      タイ  SET指数 <.SE       -          -          -          -
            TI>                                            
            前営業日終値                     -    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up