for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル109円半ば、米金利低下の影響は限定的

    [東京 9日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 109.46/48 1.2175/79 133.31/35
 午前9時現在 109.46/48 1.2171/75 133.23/27
 NY午後5時 109.42/52 1.2171/75 133.28/32

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点(109.42/52
円)とほぼ同水準の109.46円付近。米10年債利回りが1.5%台前半まで低下し
たものの、影響は限定的だった。明日に米消費者物価指数(CPI)の発表と欧州中央銀
行(ECB)の政策理事会を控え、様子見姿勢が広がった。
    
    米10年債利回りは前日の米国時間に1.52%台まで急落した。現在も1.52%
台での推移となり、約1カ月ぶりの低水準となっている。
    ただ、ドル/円は109円半ばでもみあう展開が続いた。
    
    市場からは、前日の米金利低下の要因は不透明な部分が多く、「市場参加者の間でも
明確な理由が分かっていない」(国内銀行)との声が聞かれた。「(米金利低下の)理由
が分かっていないだけに、為替や株の反応は薄い」(同)という。
    
    また、明日には米CPI発表とECBの政策理事会を控え、「米ドルもユーロも動き
づらい状況」(楽天証券・FXディーリング部、荒地 潤氏)との指摘が聞かれた。
    
    一方、きょうはカナダ銀行(中央銀行)の政策金利発表が予定され、中銀総裁が会見
でタカ派的な発言をするかに関心が集まっている。
    
    カナダ中銀は、主要国の中でもいち早く金融政策の正常化に向けて動き出した。きょ
うの会合では、政策金利の誘導目標が0.25%に据え置かれると見込まれている。市場
では「これ以上タカ派の姿勢を示す可能性は低い」(楽天証券・荒地氏)との声も出てい
た。  
    現在、加ドル        は1米ドル=1.2106加ドル付近で推移している。
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up