for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=小幅続伸、旅行株買われる 最高値水準維持

    [9日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     454.44    +0.43  +0.09     454.01          
 FTSEユーロファース    1750.29    +1.77  +0.10    1748.52          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    4096.85    +0.84  +0.02    4096.01  <.STOXX50E
                                                               >
    
    欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。旅行株が買われ、過
去最高値水準を維持した。今週は欧州中央銀行(ECB)の理事会と米
消費者物価指数(CPI)の発表を控えており、投資家は様子見姿勢を
取っている。
    米疾病対策センター(CDC)が110カ国・地域に対する渡航警
戒レベルを引き下げると発表したことで、航空大手エールフランスKL
Mとドイツの航空大手ルフトハンザ、英航空大手ブ
リティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAG< ICAG.L>が約3
%上昇した。欧州で多くの国が新型コロナウイルスの感染拡大を抑える
ための封鎖措置を緩和する中、広範なSTOXX欧州600種旅行・娯
楽関連株指数は0.88%上昇した。
    中国の5月の生産者物価指数(PPI)が一次産品の値上がりによ
り前年比で12年超ぶりの大幅な伸びとなったことで物価上昇が不安視
された。資源大手のリオ・ティントとBHP、アング
ロ・アメリカンは2.0%から2.5%下落した。
    投資家は10日発表の米CPIに注目している。連邦公開市場委員
会(FOMC)を翌週に控え、米連邦準備理事会(FRB)の大規模な
資産買い入れ計画の縮小に関する見通しに影響するとみられる。
    ECBは10日の理事会で、域内経済が回復し物価が上昇する中で
も、現行の資産買い入れを維持する可能性が高い。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up