for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国続伸、中銀総裁発言でインフレ懸念後退

    [上海 10日 ロイター] - 
 中国                       終値     前日比         %        始値         高値         安値
 上海総合指数          3,610.8590  + 19.4625     + 0.54  3,587.5282  3,624.3433   3,584.1332 
                                                                                  
 前営業日終値          3,591.3965                                                            
 CSI300指数<.C    5,271.466   + 35.017     + 0.67  5,236.469    5,299.530    5,229.518 
 SI300>                                                                           
 前営業日終値           5,236.449                                                            
    中国株式市場は続伸。インフレ懸念を緩和する当局者発言や、米中通商閣僚の会談が
支援材料となった。
    上海総合指数終値は19.4625ポイント(0.54%)高の3610.
8590。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は35.017ポイント(0.67%)高の5271.466。
    深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数
が2.4%高、上海証券取引所の新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」の科創板50
指数も1.6%上昇した。
    中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は10日、インフレは「基本的に制御」されて
おり、通常の金融政策を堅持すると述べた。
    アナリストからは、当局が政策の安定を約束したため、市場は安定するとの見方が聞
かれた。
    万和証券はリポートで、国内の流動性が良好で、海外も潤沢な状態が続いていること
から成長株が選好され、中小型株が買われていると指摘。人民元高で海外資金の流入が拡
大していると述べた。
    リフィニティブのデータによると、香港市場との相互取引制度で10日は95億元(
14億9000万ドル)相当のA株が購入された。
    米中商務相は、健全な貿易を促し、見解の相違への対処で協力することで一致した。

    バイデン米大統領は9日、中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」や動画投稿
アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用禁止に関するトランプ前大統領による
大統領令を撤回すると表明した。これを受けて、TikTokとビジネス上の協力関係に
ある中国企業の株式が買われた。
    不動産株は下落。中国銀行保険監督管理委員会(CBIRC、銀保監会)の郭樹清主
席が、国内で不動産バブルの傾向が強まっていると指摘した。    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up