for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=まちまち、シンガポールは上昇

    [15日 ロイター] - 15日中盤の東南アジア株式市場の株価はまちまち。シン
ガポール市場の上昇が目立った。0320GMT(日本時間午後0時20分)時点で、ス
トレーツ・タイムズ指数(STI)は0.77%高。
    シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は14日、エコノミストとアナリストへの
調査結果を公表した。それによると、2021年の国内総生産(GDP)成長率見通しは
予想を上回った。
    STI採用銘柄の上昇率上位は、シンガポール取引所(SGX)の2.4
%やDBSグループの4.5%、不動産投資会社メープルツリー・コマーシャ
ル・トラストの1.4%など。    
    
                                 時間      現在値      前日比          %
 シンガポー  ST指数           13:55     3177.35      +24.21       +0.77
         ル                                                    
             前営業日終値                 3153.14                        
 マレーシア  総合株価指数 <.K   13:55     1582.08       -0.38       -0.02
             LSE>                                              
             前営業日終値                 1582.46                        
 インドネシ  総合株価指数 <.J   13:30     6073.67      -6.714       -0.11
         ア  KSE>                                              
             前営業日終値                6080.384                        
 フィリピン  総合株価指数 <.P   13:50     6976.73      +59.24       +0.86
             SI>                                               
             前営業日終値                 6917.49                        
   ベトナム  VN指数           13:31     1366.52       +4.80       +0.35
             前営業日終値                 1361.72                        
       タイ  SET指数 <.SET   14:10     1630.09       -2.97       -0.18
             I>                                                
             前営業日終値                 1633.06    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up