for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ロ首脳が初会談、関係改善へ協力探る プーチン氏「多くの課題」

[ジュネーブ 16日 ロイター] - バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領が16日、ジュネーブで首脳会談を行った。安定的かつ予測可能な関係構築に向け糸口を探ることになるが、軍縮やサイバー安全保障、選挙介入、ウクライナといった一連の問題で双方の隔たりは大きく、具体的な成果への期待は薄い。

バイデン大統領就任後初となる直接会談に先立ち、両首脳は握手を交わした。プーチン大統領は会談の冒頭に「会談の招待に感謝している」と述べ、「米ロ間には首脳レベルでの会合を必要とする多くの課題がある」と語った。

バイデン大統領も「対面での会合の方が良い」と述べ、協力が可能で共通の利益を見いだせる分野の特定に期待を表明した。

政府高官によると、前半の会談にはバイデン、プーチン両大統領のほか、ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相が出席し、約2時間にわたる協議が行われた。

休憩後に再開された後半の会談には、米ロの関係悪化に伴い召喚されたロシアのアントノフ駐米大使も参加しているという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up