for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(17日)=総じて下落、FRBの利上げ予想前倒しで

[17日 ロイター] - アジア通貨は韓国ウォン主導で下落。米連邦準備理事会(FRB)が利上げ時期の見通しを2024年から23年に前倒したことを受けた。

ウォンは1.1%下落し、5月初め以来最大の下落率を記録した。

ルピアも2月下旬以来最大の下げとなった。インドネシア中銀はこの日の政策決定会合で、過去最低の政策金利を維持する見通し。

FRBが早期引き締めと債券購入の減額を示唆したことは、多くの新興市場資産に打撃を与えた。ディーラーは、アジア地域の中央銀行が追随するきっかけとなり、新興国市場からの資金流出につながると懸念している。

ドル高を受けて、タイバーツ、フィリピンペソはそれぞれ0.5%、0.4%下落した。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up