for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、英中銀緩和策維持で

    [24日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 FTSE100種          7109.97   +35.91  +0.51    7074.06          
   
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。イングランド銀行(英
中央銀行)が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)時に
導入した緩和的な金融政策を維持したことで、鉱業とヘルスケア株が買
われた。 
    英製薬のアストラゼネカと資源大手のアングロ・アメリカ
ン、リオ・ティント、BHPがFTSE100
種の大きな押し上げ要因だった。 
    英中銀はこの日、政策金利を過去最低水準の0.1%に据え置くこ
とを決定。ただ経済活動の再開に伴い物価上昇率が3%を超えるとの見
通しを示した。中銀の物価上昇率目標は2%。
    JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテ
ジスト、アンブローズ・クロフトン氏は「物価が中銀予想を上回り続け
る中、正常な金融政策に戻し始める圧力が強まる」と指摘。「英中銀は
他国より早く緩和策を縮小する必要があるかもしれない」と述べた。 
    クルーズ運航のカーニバルは1.4%下落した。新型コロ
ナのパンデミックによる15カ月間に及ぶ運航停止が事業に打撃となり
、四半期の損失が20億ドルを超えたことが嫌気された。 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up